【Video】世界的ターンテーブリストが集結!Technicsの世界初ターンテーブルオーケストラプロジェクトにSARASAが参加!

SARASA

SARASAの投稿を全文転載

拝啓、Technics SL-1200様。

1972年に日本で販売開始されたその数年後、海外に渡ったあなたを使って、アメリカ人がお気に入りのファンクをループしたり、スクラッチ音を楽しんだことでHip Hopが生まれました。

ただ、当時の日本人開発者は、それを見て「アメリカ人が自分たちの発明を粗末に扱っている」と言っていたそうです。

自分達が、のちに何十年にも渡って世界中に多大な影響を与えることになる、Hip Hopカルチャーの誕生に関与していた事を知らずに。

Hip Hopが無かったら今の私はいません。何も無いところから何かを作る精神を教えてくれたのもHip Hop。今いる仲間との絆がこんなに深いのも、Hip Hopという共通のものに憧れ、その表現をお互い磨きあってきたからです。どこに行ってもHip Hopに守られている気がしたから、私は今まで色々な冒険をすることが出来ました。

音楽を知れば知るほど、自分が何もわかっていない事を思い知らされます。

そして、DJの練習をすればするほど終わりが見えなくなってくる。
ターンテーブリズムは一日にしてならず。

いくら練習しても思い通りの音が出なくて、悔し涙を流したことも多々あります。

プロとして活動している今でも、練習が辛すぎます。

誰でも簡単にソフトウェアを使ってDJが出来てしまう今の時代、私は「誰に何を認められたくて、いつまでもターンテーブルを使って頑張っているのか?」と疑問に思う時もあります。でも、結局は自分への挑戦だということに気づきました。

そんな私にとって、ターンテーブルはかけがえのない大切な楽器です。

しかし、2010年にあなたの販売終了を告げられたとき、親友の命が救えなかったかのような自分自身の無力さと大きな絶望感を味わいました。

ふと、「そんな将来性の無いものに、私は人生の半分の労力と時間を費やして来てしまったのか?」と思ってしまったこともあります。

でも、2016年に新しいモデルとして復活した時には、亡くなったおじいちゃんが生き返ってくれたような晴れ晴れしい気持ちになりました。そして、2018年。

まさか自分がこんな素晴らしいプロジェクトに抜擢されるとは思いもしませんでした。

世界初のターンテーブルとミキサーのみで構成されたアンサンブル。

日本を代表するターンテーブリスト26人に、スクラッチの神さま #DJQbert をはじめとする海外からのターンテーブリスト4人を加えた、30人がターンテーブルだけでクラシックレコードの音源を再構築する『 #ターンテーブルオーケストラ 』の一員になるなんて?!

本日、3月20日は『レコードの日』です。

今から67年前の今日、日本で初めてLPレコードが発売されました。

そして、世界で初めて発売されたレコードである『Felix Mendelssohn’s Violin Concerto in E minor, Op. 64』をサンプリングした、Technics初のオフィシャルDJ動画がついに今日解禁です。どうぞご覧ください!

——————-
·本編YouTube 
https://www.youtube.com/watch?v=JGWuyMKT8wU

·メイキングYouTube
https://www.youtube.com/watch?v=J2KK3vqJqog

·ウェブサイトURL
https://phil.technics.com/
——————–
——————

Dear Technics SL-1200s: Today (3/20) is “RECORD DAY”, 67 years ago, the first LP was sold in Japan. Since you were invented in 1972, you bravely traveled to USA a few years later. They say that the Japanese inventors were very upset how roughly their inventions were treated by the Americans, who were looping records and making scratch noises at parties. Little did they know that they were a big part of the birth of Hip Hop music, which would influence the whole world for decades….

If it wasn’t for Hip Hop, I would have not existed. It taught me how to create something from nothing. The reason I have this special bond with my friends, is because we all looked up to the same thing and spent time brushing each other’s skills. Because I felt protected by Hip Hop, I was not afraid to take risks…. And one day, I realized that when I DJed it left people better off than before I did.

The more music I find, I learn that I don’ t know anything… and the more I practice, I become lost in the blackhole of it. Turntablism definitely doesn’t happen overnight. I cannot count how many times I burst out in tears not being able to make the right sound. Even now where I am a professional DJ, practicing is a bitch. In this era where anyone could be a DJ with a simple software and a USB stick, I sometimes wonder who the hell I am trying to impress using turntables forever. Then I realize that I am only doing it to challenge myself. Because the turntable, is nothing but an instrument. Its what made me. It is as heavy to me as it is physically.

When I heard that SL-1200 is no longer going to be sold in 2010, my heart sank as if I couldn’t save a best friends life, and I had no hope for future. So lost, I even questioned if I had just spent half of my life and energy towards something that had no future. But when Technics came back with a new model in 2016, I felt so happy it felt like my lost grandpa came to life again forever. And in 2018, I would have never imagined to be selected as one of 30 world-class turntablists for a project for Technics, along with the scratch god @djqbert and @dstyles, and of course our Japanese hero @djkentaro and more.

This is the first time someone has ever done an ensemble using only turntables and mixer to reconstruct classical music by playing vinyl records with a variety of musical techniques. Here we use “Felix Mendelssohn’s Violin Concerto in E minor, Op. 64”, the first record to be sold in the world, as the sample vinyl loop at the beginning.

Everyone was given a different vinyl with a sample in it, (for example, I was the triangle and female chorus). Everything done here was live, and it took 3 full days of intense practice and rehearsal with the 30 DJs. With the tough posture on the floor for hours, and team members getting sick from lack of sleep and intensive shoot, it wasn’t easy…. But we made it happen and hope you enjoy the finished video!!!

——————-
Watch Full Video
https://www.youtube.com/watch?v=JGWuyMKT8wU

Making of The Philharmonic Turntable Orchestra
https://www.youtube.com/watch?v=J2KK3vqJqog

URL
https://phil.technics.com/

【The Philharmonic Turntable Orchestra Member】

Performer

DJ Qbert/Mr Switch/DJ SWAMP/D-Styles/DJ KENTARO
DJ Hi-C/DJ YASA/DJ IZOH/DJ RENA/DJ KEN-ONE
DJ BAHN/DJ BAKU/DJ BORI/DJ BUNTA/DJ DOM-AUTO
DJ Doon/DJ FUMMY/DJ HIROSHI/Ina Takayuki/DJ JIFROCK
DJ Miyajima/DJ OM/DJ REIKO/DJ SARASA/DJ SHOTA
DJ TO-RU/DJ WA-TA/DJ YONE/DJ YOU-KI/6th Generation


Staff

ECD:Yu Kaneno
CD:Goro Ohsawa
AE:Takeshi Saito
CD:Kentaro Suda
PL:Ryuta Kimura/Toshihide Kimura (moodman)
CT:Yasuhiro Tsuchiya
CW:Takumi Ichikawa
AD:Satoshi Kohno
CP:Shunsuke Matsumoto
Pr:Takuji Okamoto
PM:Mayumi Watanabe/Atsushi Nozaki/Ryo Ishii/Yuta Kato
Dir:Koichi Iguchi
Ph:Takaki Kumada
LD:Tetsu Moritera
ART:Kengo Inoue
STY:Manami Osumi
TC:Nicke Jacobsson
MP:Keisuke Tominaga
Composer/Arrangement:Tomonori Hayashibe(Plus-Tech Squeeze Box)

世界初、ターンテーブルだけのオーケストラ結成 『Technics』WEB動画「The Philharmonic Turntable Orchestra」

コメント